地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和泉の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

和泉の地域情報サイト「まいぷれ」

桃山学院大学でワークショップを行いました!

皆さん、こんにちは。

都市デザイン部長の八木です。

朝夕は幾分しのぎやすくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか

 

さて、先日は桃山学院大学法学部の夏期集中講座の一つとして、和泉市の空家等対策事業にかかる講義&ワークショップを行いました。

 

空家問題は、学生にとっても身近なテーマであり、所有権や相続とも深くかかわることからも、「学生に行政実務に携わる機会を与えたい」と大学から依頼のあったものですが、本市としても、空家施策は定住促進とも大きくかかわることから、柔軟かつ大胆な発想をもつ学生との意見交換は刺激になると考え、大学とのコラボ企画が実現したものです。

 

写真は、講義の一つ「相続クイズ」の様子です。

空家増加の要因の一つに、相続関係が複雑になりすぎて売買等に手が付けられないといった状況があります。そのことを理解していただくために、相続クイズを行ったのですが、少し難しかったようで、皆さん苦戦していました。

 

クイズこうけい

 

 

ワークショップのテーマは「空家の未然防止」です。

危険な空家とならないように、所有者・行政はどのような対応をすべきでしょうか?

というテーマでは、皆さん市役所の職員という立場で、空家施策を考えていただきました。

皆さん、真剣な眼差しでグループワークに取り組んでいましたよ。

グループワーク

 

 

 

最後にグループで考えたアイディアをみんなの前で発表していただきました。

グループワーク

アイディア

真面目な案から面白案まで、たくさんのアイディアが出され、学生さんの柔軟かつ大胆な発想に私たちも驚かされました。

また、学生のうちから将来の「家」のあり方について考えてもらうことは、空家等の未然防止の一つとして非常に有効であると感じました。

 

今回、桃山学院大学の学生さんだけでなく、私たち職員もファシリテーターという立場で各グループにアドバイス等を行うことで、たくさん学ばせていただきました。

ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました!!!